So-net無料ブログ作成
検索選択

電源が入らないパソコンのデータを救う方法 [修理]

突然、電源が入らなくなった



本日はパソコン ソニー製バイオ の修理。


「突然電源が入らなくなった」 というご依頼。町内の決算報告や名簿、写真などのデータがたくさんあるのでなんとかしてほしい.....


そもそも電源が入らないんじゃ、パソコンの起動もできず、データのバックアップなんてできそうもないですよね。



ですが、あるんですよ。便利な道具が。



DSC01472.JPG


パソコンを分解して、ハードディスクを取り出す必要がありますが、取り出すことができれば、このケーブルに接続してUSB経由、別のパソコンでHDDの中身を見ることができます。

DSC01473.JPG

ここまで来ちゃえばコピーできます。




ハードディスクが故障しちゃったら無理ですけど、今回はマザーボードの故障でしたので、データは無事救出することができました。


とりあえず、私の作業はここまで。さすがにマザーボードの修理はできませんので、パソコンは入院することとなりました。








~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ウイスタふじくら佐野店

栃木県佐野市大橋町2066
0283-22-5131


www.wista-fujikura.com



フェイスブックにて情報発信中!!
https://www.facebook.com/pana.wista.fujikura/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

量販店に修理品を出したら、ウイスタを紹介されたというお客様からの話 [修理]


アンテナぽっきん。

DSC01464.JPG



ソニーの短波ラジオを修理しています






ご依頼の、新規のお客様は、量販店に修理をお願いしに行きました。




店頭で確認してもらうと、古くて修理不能との回答。確かに年期が入っている。




量販店の担当者さんに、「ウイスタふじくらさんへ持っていけば修理してくれるかも

と、言われて、当店へ持ち込んだらしい。




このソニー製ラジオ、調べてみると1976年製。



41歳。うさぎ年。



41歳のラジオの修理を紹介してくれるなんて.....当社の技術力を評価してくださる量販店の店員さんに感謝します。





ソニーの修理受付窓口に相談したら修理は受け付けられませんとのこと。トーゼンそうだと思います。



が、部品窓口に在庫を問い合わせたら部品はあるとのこと。ウイスタは足利店「フジクラデンキ」がソニーショップになっているので、部品だけとれるんですね。

足利店は「ウイスタふじくら足利店」ではなくて「フジクラデンキ」という店名で営業しています。



アンテナ交換なので、何とかなりそうと判断して、部品注文。入荷後分解。そして取り付け。



なかなか年代物のラジオなので、分解するのも一苦労。プラスチックが割れてしまいそうなんで慎重に行いました。


メーカーサービスが修理不能っていったのも、修理中にアンテナ以外の部品を壊しちゃったら部品がないからなのかもしれないですね。



リスクの高い修理でしたが、今回は何とか直せました。



DSC01463.JPG



このラジオはすごいぜ!



ちなみにこのソニー製ラジオ

ICF-SW7600



短波、中波(AM)、長波、FMと受信できる電波が多いワールドバンドレシーバー。北朝鮮のラジオも受信できます。



しかも、スーパーヘテロダイン式なので、スプリアス成分が少なくて感度良好。高級なラジオでっせ。SSBで受信できるし。




インターネット全盛の時代ですが、遠く離れた異国のラジオを聴くのも味があるってもんです。直してくれっていうお客様の気持ちもわかりますね。



この機種 ICF-SW7600GRという型番で現在も販売されております。色が変わっただけで、筐体が変わっていない....



息の長い家電です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ウイスタふじくら佐野店

栃木県佐野市大橋町2066
0283-22-5131


www.wista-fujikura.com



フェイスブックにて情報発信中!!
https://www.facebook.com/pana.wista.fujikura/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

でんきやがトイレの修理 水漏れでコマッタ [修理]

昨日はパナソニックの商品研修に参加しまして、新商品の情報をたんまり仕入れてきました。情報は商品発表までブログにのせちゃだめよ~っ、と一筆入れましたので、ここでは詳細を述べられません。


ですが、来年はパナソニック創業100周年ですので、かなり期待していいのかも?



さて、本日は「トイレが流れない」とのお困りごとのお電話を頂きました。


DSC01234.JPG

流れないといいますか、タンクに水がたまらない。水が出てこないのです。


こういう時は。まずストレーナ(フィルタ)の掃除。


でも、症状変わらず

DSC01232.JPG

よくよく調べてみると、ダイヤフラムという部品のパッキンが調子悪そう。さっそく問屋さんへいって部品を仕入れて再度訪問。

DSC01231.JPG

DSC01235.JPG

交換したら、バッチリ水が出るようになりました。



タンクの品番は SH91BAK

ダイヤフラムの品番は HH11113



お得意様のお困りごとはできる限り早く解決します!


ちなみに給水装置工事主任技術者の免状を持っておりますので、トイレや水回りの修理もガンガン行っております。(ちょっと宣伝)





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ウイスタふじくら佐野店

栃木県佐野市大橋町2066
0283-22-5131


www.wista-fujikura.com



フェイスブックにて情報発信中!!
https://www.facebook.com/pana.wista.fujikura/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

掃除機・MC-SR51GSの吸い込みが悪い場合 [修理]

超かる~いサイクロン掃除機 パナソニック MC-SR51GS

DSC00930.JPG
2014年に発売され、当店でも大ヒットのクリーナーなんですが、発売後2年もたつと不具合といいますか、問い合わせが多くなってきております。


中でも多いお問い合わせが「吸い込みが悪くなった」というもの。


そもそも、サイクロンクリーナーは紙パックがいらない分、サイクロンケースには微細なゴミがたまります。2年も使うと、掃除しきれない部分に微細なチリ・ゴミがたまって、空気の通りが悪くなってしまうのです。

DSC00931.JPG

特に、サイクロンケースの中のフィルターは、細かいチリなどを吸収してくれるのですが、その分フィルター内部にゴミがたまり、2年もたつとフィルターの機能を果たさなくなります。


DSC00932.JPG
取り寄せた新しいフィルターと比較するとこんな感じ。色が全く違うでしょう....

DSC00933.JPG
右が使用後、左が新しいフィルター。


DSC00934.JPG

フィルターが詰まった状態で使い続けると、本体のモーターが焼けてしまいます。今回の修理ではモーターからも異常音がしたので、フィルターとモーターを交換しました。

今回の修理は
プリーツフィルター 部品代800円
モーターファン  部品代3600円

+修理技術料金 になります。  


ちなみにパナソニックの修理情報によると、この機種で吸い込みが悪くなった場合の修理傾向として、モーターの交換の場合が42%、フィルター交換の場合が22%となっております。



フィルターが詰まったまま、強引に使用してしまって、気が付いたら故障というパターンでしょうか?いづれにせよ、サイクロンの場合吸い込みが悪くなったら、まずはお手入れ。それでも改善しない場合は即電気店へ相談です。


ウイスタふじくらは、そんなメンテナンス時に対応できるのが特徴です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ウイスタふじくら佐野店

栃木県佐野市大橋町2066
0283-22-5131


www.wista-fujikura.com



フェイスブックにて情報発信中!!
https://www.facebook.com/pana.wista.fujikura/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

お風呂場で漏電!蛇口ビリビリ! [修理]

お風呂に入っているとき、蛇口を触るとビリビリする!


と、お客様から連絡あり、急行。

jaguchi.jpg

早速、お風呂に入り蛇口を触りますが何ともありません。



体が濡れていないとこないのかな~?と考えて、

手と足を濡らして再度試験。


まだ、びりびり来ません。






今度は、お風呂の照明を入れてから、蛇口にタッチ。




おおっ!!!!!!  「ビリッ」と結構な漏電!




照明器具から、漏電か?!


器具をはずして、点検してみますが、目視では以上なし。

1438846450325.jpg


次に点検口を開けて、ケーブルを確認。


すると....................


1438846419835.jpg

VVFケーブルを、ユニットバス固定のビスが突き破っている!!



ちょっとわかりずらい写真ですが、グレーのケーブルにビスが刺さっているのが
お分かりになりますか?


原因はこれだぁ!!!!




ユニットバスは金属でできていますので、
おそらくその金属壁面から、蛇口に電気が伝わって、

体が濡れているときに、水を通じて電気が抜けて行ったのでしょう。



とっても危険っっっっ!!


天井裏の既存配線を接続し、新しいケーブルを引き直しました。





無事、補修が完了しました。




お客様いわく、片足をユニットバス内にいれて、洗濯機を触ったときにも
ビリビリきたと.....




おそらく、洗濯機のアースからも電気が抜けて行ったのでしょう...




今回の件では、漏電ブレーカーは作動しませんでした。



漏電ブレーカーの検知は30mA程度以上等のケースが多いので
それ以下だと、反応しません。


漏電ブレーカーが反応していないので、漏電ではなく
気のせいだろう、とのことで長年放置してしまったようです。



とにかく、漏電は特定が難しく、こんなにスムーズに原因が分かったのは
ラッキーでした。





家の中でビリビリきたら、漏電です。

気をつけましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ウイスタふじくら 佐野店

〒327-003
栃木県佐野市大橋町2066
0283-22-5131

www.wista-fujikura.com
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~