So-net無料ブログ作成

雷でわかった!通信や電気の自由化の落とし穴

梅雨明け宣言があり、引き続き猛暑が続いております。



私も冷たいものを飲みすぎて、内臓がお疲れ気味。夏バテ一歩手前かもしれません。


kaminari2.JPG

先週の落雷による故障対応も落ち着いてきました。エアコン、テレビ、IHクッキングヒーターなどいろいろな家電が故障しました。


私の経験ではこれほどの被害件数は初めてです。会社のクレジットの機械も被害を受けました。







今回の雷で一番困ったケースがあります。



それは、電話



電話回線の故障です





20年前に通信の自由化が始まり、電話会社が選べるようになりました。




以前はNTTだけでしたけど、今はKDDIやソフトバンクなど、固定電話も選べる時代になりました。おかげさまで通信料は下がりましたが、故障した場合はちょっとタイヘンです。

kaminari2.JPG


今回、某通信会社(NTT以外)で契約しているお客様宅に雷が落ち、電話がつながらなくなってしまいました。




思い立ったのはまずNTTの故障受付。さっそく電話すると、NTTとの契約ではないので現在契約している通信会社に電話してください、とそっけない対応。



ま、そりゃそうですけど~。




で、某電話会社の故障受付に電話すると、回線を調べてくれて回線は異常がない、とのこと。





この時点で、ビジネスホンの交換機か、アダプタ、電話機の3つに絞られたのですが、某電話会社は出張サービスしてくれないとのことなので、自力で故障個所を見つけなければなりません。




これが、NTTだったら、作業員さんが出張してくれて、一発で故障個所を見つけて、ピンポイントで解決してくれます。






結局、アダプタの故障と判断がつき、交換して修理が完了したのですが、非常に余計な手間と費用が掛かってしまいました。





やっぱりトータルで考えるとNTTのサービスが良い、ということになりました。





また、電力の自由化も同じことが言えます。




石油系、携帯電話系などいろいろな会社が電気の小売事業に参入しました。すでに、東電以外の電力会社と契約しているかたもいるかと思います。




東電のカスタマーセンターにもいろいろな問い合わせがあるそうですが、東電以外の会社と契約している場合は、まずそちらのカスタマーセンターに電話してもらうようお願いするそうです。




今回の電話の故障と全く同じケースになります。





東京電力は分社化され、


小売部門はエナジーパートナー
配電の管理はパワーグリッド


と会社が分かれております。




いわゆる「東電のカスタマーセンター」はエナジーパートナーが行っており、東電と電気の契約をしている方のみの対応になります。




電柱のヒューズや電線に不具合があったとしても、それはパワーグリッドの管轄になるので、エナジーパートナーの仕事ではありません。








やはり、故障対応などトータルで考えると、電気の契約も東電がベストということになりそうです。





キチンとアフターサービスを行う電気事業者もあるかと思いますが、それはそれで検証するとおもしろそうな話題ですね。



とりあえず、雷なったらコンセント抜きましょう。火災保険が落雷の被害に対応しているか確認しましょう。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ウイスタふじくら佐野店

栃木県佐野市大橋町2066



0283-22-5131


www.wista-fujikura.com



フェイスブックにて情報発信中!!
https://www.facebook.com/pana.wista.fujikura/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 2

コメント 0

トラックバック 0