So-net無料ブログ作成
検索選択

山芋アレルギーの私が、山芋を食べてしまったという記事 [つぶやき編]

いやーまいったまいった。



先日、ちょっとお休みをいただいて、都内月島あたりをプラプラしてきました。



月島といえば



もんじゃ




胃腸の弱いおっさんには、脂っこいもんじゃは不向きな食べ物なんですが、観光気分を味わいたくてあるお店に突入....



もんじゃ焼とお好み焼きを注文。



a0001_013614.jpg


ちょっと脂っこいけど、ビールと一緒に流し込む。調子に乗って、食べる....



食べ始めて5分ほどすると、なんだか耳がかゆい。



10分ほどするとのどがかゆい。




15分ほどで胃がむかむか...





ヤバイ。。。。





はっとして、もしかしてお好み焼きに山芋が入っているのかも?と気づく。




そうなんです。私はアレルギー体質で、特にヤマイモはレベル5。絶対に体内に入れてはいけない食べ物なんです。



飲みながらなんで、食べた量は1/4程度だったんですが、体が山芋を拒絶している。



大騒ぎになっても嫌なので、そのまま頑張って駅まで移動。その間、おしりと後頭部がやたらかゆくなってきて、トイレで鏡をみてみると、ものすごいじんましんが。



かゆいよ~


回りからは不潔に思われるくらい、後頭部を搔きまくる。おしりもかゆい。けど、ズボンの上からじゃ掻けない。体の背部がかゆいのは、何か意味があるのか?



次の段階は、おなかが下ってきて、トイレにはりつく。すべて水。体が毒を外に出そうとしてくれているのがワカル。がんばっておくれ~。解毒しておくれ~。





いったん落ち着いて、駅の階段を上ると動悸が激しい。こんな時に救心をつかうのか?などと、どうでもよい思いを持って階段を這い上がる。



車内の吊皮をもっても立っていられない。いよいよ目の前がかすんできて、頼み込むように席に座らせてもらい。なんとか耐える。




視界が白いカーテンに覆われたのは初めての感覚だった.。



血圧もかなり下がっていて、ふらふら。貧血の症状。



それでも、なんとか、ゆりかもめでフジテレビまで移動しました。が、じんましんが相当ひどくなり顔まで症状がでてきたので、ここでギブアップ。休日の医療機関を探したりしましたが、みっともないので、しばらく休んで帰宅をすることにしました。


久々の、せっかくのお休みだったのに....娘よ、ごめんよ~。



いや~、アレルギーなめてました。今までは、間違えて少量たべたぐらいだったら、耳がかゆいくらいで済んだのですが、いろいろとあったので、抵抗力が落ちていたのだと思います。



2日たった今日も、なんだか二日酔いのような感覚が残っています。




お好み焼きに罪はないのですが、もう二度と食することはないでしょう。




でんきやさんの仕事には関係ありませんが、自戒のため記事にしました。



一度アレルギー検査受けなければならないかも。そん時はまた記事のネタになるかもね。




お好み焼きは危険だ!







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ウイスタふじくら佐野店

栃木県佐野市大橋町2066
0283-22-5131


www.wista-fujikura.com



フェイスブックにて情報発信中!!
https://www.facebook.com/pana.wista.fujikura/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: